クリアポロン ニキビ

クリアポロンはイボケア商品です。ニキビの事情もちゃんと知っておこう

クリアポロン ニキビ

 

どうも、杏です。

 

クリアポロンはイボに効果が期待できる
オールインワン化粧品ですが

 

 

吹き出物の仲間であるニキビはどうなのでしょうか。

 

 

クリアポロンの成分とニキビに効く成分を比べて、
効果が期待できるのか探ってみました。

 

アトピーや敏感肌でも大丈夫か探ってみた記事と同じように
間違ってもにきびケアに推奨するわけではありません。
成分を知った上で、あなたに判断していただければなと思います。

 

 

 


ニキビとイボは根本原因が違います

 

はじめに結論を言いますが、ニキビとイボとでは
根本的に効果が期待できる成分が違います。

 

イボは老化現象や紫外線によって
細胞の入れ替わりの機能がうまく働かなくなった時に起こるもの。
(以下ターンオーバーと言います)

 

一方ニキビのメカニズムを簡単に説明すると

 

 

アクネ菌は常在菌なので、普段は肌のバリア機能により悪さをしません。
(常在菌とはつねに肌に存在する菌のこと)

 

@ とある日、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れが起こる

A 肌は「乾燥から守れ!」と司令を出し、皮脂の過剰分泌が起こる

B 毛穴にいたアクネ菌が皮脂によって閉じ込められる

C アクネ菌は皮脂が大好き

D 肌を荒らす(皮脂が酸化することで肌に悪影響がでる)

ニキビが出来る

 

 

ということなんですね。
(一般的な例です。コレに該当しない場合もあります)

 

ですから、イボの場合は体の免疫力を高めて
肌の細胞の機能を正常に戻す作用が期待できるヨクイニンが処方されますし

 

ニキビの場合は、ストレス等によるホルモンの乱れで起こることにありますから、
ホルモンバランスを整える作用が期待できる成分が有効であることは間違いありません。

 

さらに、ニキビにも種類があります。

 

炎症が進んで悪化してしまった赤ニキビや黄色いニキビ、紫ニキビは
専門的な治療が必要です。
絶対にクリアポロンは使わないでください。

 

 

で・す・が

 

 

ニキビが改善されたけど、
ニキビが残ってしまった肌には有効かもしれません。

 

 

 

期待できるかも@「保湿が大事」が同じ

 

ニキビ治療も最終的には
アクネ菌に負けない肌の免疫力(バリア機能)を高めていくことを目指します。

 

 

イボの改善も肌の免疫力を上げることが重要です。

 

 

そして、肌の免疫力をあげる根本的な対策というのが
肌の保湿なんです。

 

 

肌の保湿=肌の免疫力を上げる
と思っていても問題ありません。

 

 

肌の免疫力が上がれば、
細胞入れ替わり、紫外線やウィルスからの保護をしてくれるなど
肌にとってとてもいい循環が期待できるんですよ。

 

 

 

だからどこへ行っても、どの化粧品のCMでも
保湿保湿保湿って口を酸っぱくして言われているんですよね。

 

 

肌への保湿が期待できるのは
水溶性の成分と脂溶性の成分がバランス良く含まれているものに限ります。
値段が全てとは言いませんが
安い化粧品などで効果が期待できないのは、どちらか一方が偏っているものである場合。
水溶性だけだと浸透せずに蒸発してしまうし、脂溶性は肌の奥深くまで浸透しません。

 

クリアポロンはもちろん大丈夫。
保湿の効果は期待してOKです。

 

保湿の意味で、ニキビにも効果が期待できるかもしれません。

 

 

 

期待できるかもA「ターンオーバーが大事」が同じ

 

また、クリアポロンの特徴としては
イボをケアするためターンオーバーをサポート、
つまり肌の細胞の入れ替わりを助けてくれるということなんですね。

 

 

ヨクイニンはイボをケアするために欠かせませんが
イボに直接働きかける専用の成分ではありません。

 

 

肌の免疫力を上げることで間接的にイボの改善へと働きかけるものなので、
ニキビ跡で凸凹になってしまった肌も
正しくターンオーバーを導けば、効果は期待できるというわけです。

 

 

ターンオーバーの改善の意味で、ニキビにも効果が期待できるかもしれません。

 

 

期待できるかもB「ビタミンC誘導体が重要」が同じ

 

ビタミンC誘導体は、
ニキビの炎症と色素沈着を防ぐ・改善を促す働きをします。
(色素沈着とはシミやそばかすのように肌の色が部分的に変色してしまうことです。)

 

一方クリアポロンには、
イボの色素沈着、肌全体のくすみを取り除いてくれる
ビタミンC誘導体がしっかりと含まれています。

 

 

ニキビの炎症に関して効果は期待してはいけませんが
ニキビ跡の色素沈着、肌の免疫力を上げるトータルケアとして
その効果を期待できるかもしれません。

 

 

ビタミンC誘導体とは
通常ビタミンCは肌質を改善するのに一役買いますが
水溶性の成分なので、肌の上から浴びても浸透してくれません。
そのデメリットを補うために開発されたのがビタミンC誘導体です。
その名の通り、肌の奥へビタミンCを誘導してくる働きを持ちます。

 

 

クリアポロンに含まれるビタミンC誘導体が、ニキビにも効果が期待できるかもしれません。

 

本当のところニキビ跡への効果はどうなの?

 

このあたりを問い合わせてみた結果
「肌に優しい成分で作られていますが、
使用する前に専門医に相談することをおすすめします。」

 

だよね!!!
そう来ると思ったよ。

 

 

専門のケア以外で使うときに心配であれば
使用前にかならずメーカーや専門医に確認することをおすすめします。

 

 

ニキビ肌に使うなら忘れてはいけない心得。

 

クリアポロンはあくまでイボを含めたトータルケアをしてくれる製品。

 

 

ニキビはニキビ専用の化粧品で改善しましょう。

 

 

ニキビが改善されたら、アフターケアとしてクリアポロンを使ってみましょう。

 

 

とはいえ、クリアポロンはニキビができた肌以外にも
首やデコルテ、体全体にも使用できるオールインワン化粧品です。

 

 

イボケア予防はいつ始めても早すぎることはありません。
ちょっと最近、首や肌がザラザラするなぁと思ったらイボケア意識してみてください。

 

 

クリアポロンVSシルキースワンどっちが良いの?

 

 

 

 

関連ページ

クリアポロンはアトピーや敏感肌でもOK?成分からみる効果とは?
クリアポロンはアトピー体質や敏感肌でも使えるのでしょうか?クリアポロンの成分を分析してみました。
クリアポロンに即効性はない!?イボは病院と自宅ケアどっちが良いの?
イボケアは病院治療がいいのかクリアポロンので自宅ケアがいいのか、目安になる情報をまとめました。
クリアポロンの成分|ヨクイニンのイボ即解決は嘘だった
ヨクイニンはイボ効くと言われていますが、実は本当の効果は違います。ヨクイニンの正しい効果を知ってイボの改善をしてください。
クリアポロンの浸透力は危険な界面活性剤っていうのはホント?
クリアポロンの浸透力について詳しく解説。浸透力の秘密はコチラ。
クリアポロンの成分を知らべた|ダーマヴェールって何?
クリアポロンに含まれる有効成分を調べました。副作用や効果を要チェック
イボのレーザー治療体験|クリアポロンでシミ予防が大切
脂漏性角化症を皮膚科でレーザー治療してきた体験談を書きました。治療後はアフターケアが大事!費用や注意点もチェック。
クリアポロンの効果的なお手入れとイボの改善方法
クリアポロンでイボの改善をするなら、クリアポロン+◯◯と◯◯がおすすめ!簡単にできるイボ改善方法をご紹介♪