クリアポロンのヨクイニンでイボは解消できるの?

ヨクイニン=イボ治療は少し違うよ

クリアポロン ヨクイニン

どうも、杏です。

 

イボケアといえばヨクイニンと言われていますが
イボに直接効くものだと勘違いしていませんか?

 

 

さらに、ヨクイニンの効果を発揮できる化粧品とは
いったいどんなものなのか、あなたは知っていますか?

 

 

クリアポロン成分にもヨクイニンがしっかりと配合されていますが

 

 

このヨクイニンがどのような働きをして、どんな効果を発揮するのか
一度きちんと書いておきたいと思います。

 


なぜイボといえばヨクイニンなの?

 

ここでこんなことを言ってもいいのかわかりませんが
ヨクイニンが直接イボに効いているわけではないんですよ。

 

 

ぶっちゃけて言えば、ヨクイニンがイボに効果があると
医学的に証明されているわけではないんです。

 

 

何?!!どういうこと?!じゃあ効果なしなの?!
慌てないでください。

 

 

ではなぜイボにはヨクイニンなのか。

 

 

昔から美肌に良いとされているから。

なんだその理由は!!と怒られそうですが聞いてください。

 

医学的な根拠がなくても、
民間療法で効果的だと伝えられているものってたくさんありますよね。

 

 

ヨクイニンというのは主にハトムギに多く含まれています。

 

 

で、ハト麦茶を飲む人は肌がきれいだったそうで、
じゃあ肌がきれいになるのであればイボにも効くのではないか!?

 

 

ということで、ハト麦に含まれるヨクイニンがイボに効くと伝えられたのではないか
という説がありました。

 

 

で、後からハト麦に含まれるヨクイニンを解析すると
あながちそれが間違っていなかったということです。

 

 

なぜならヨクイニンは、
肌の健康を維持することが期待できる成分だったからです。

 

 

ヨクイニンによって肌の健康を維持する具体例
・肌の新陳代謝を活発にする

細胞の生まれ変わりを助ける

 

・ビタミンBが皮脂の分泌を正常にする

皮脂が乾燥肌を防ぎバリア機能を正常にする

 

 

イボは肌の老化によって免疫力が低下し、紫外線や摩擦によるダメージで
細胞の生まれ変わりがうまくいかなくなってしまった場合に起こるものです。

 

 

さらに紫外線や摩擦に負ける肌というのは、バリア機能が低下している肌です。

 

 

つまり、ヨクイニンを摂取することは遠からず
イボの改善へとつながるというわけです。

 

 

ヨクイニンとはイボを治す成分ではなく、肌の免疫力を上げる成分だと覚えておこう。
あくまでサポートする成分だということです。

 

 

では、ビタミンBが豊富な成分でもいいのではないか?
なんて思いますよね。
例えば豚肉はビタミンB群が豊富なんですよね。

 

だが…時として動物性食品は肌荒れの原因になるともいわれています。

コレステロールの増加男性ホルモンが優勢皮脂の過剰分泌油脂が酸化する

 

(という話がある一方、たんぱく質を摂取し、ある程度の油は必要なんてことも言われてますが)

 

 

肌の免疫力も上がることも期待できる成分が含まれている一方で
必ずしも直接的に肌に良いとは言い切れないのです。

 

 

ですから、お茶としても飲まれているハトムギがお肌に良いとされているんです。

 

ヨクイニンが配合された商品であればどれも同じ?

 

ヨクイニンが肌の免疫力を上げることがわかりましたが
では、ヨクイニンが配合された商品であればどれも同じ?って思いますよね。

 

 

それも違います。

 

 

ヨクイニンに限りませんが、
肌というのは本来、栄養を吸収するような構造ではありません。

 

 

 

ヨクイニンを服用するならまだしも、肌へと直接塗るような場合は
肌に浸透するような成分であるかが重要。

 

 

その条件というのが、水溶性と脂溶性の成分がバランス良く配合されていること。

 

 

美容液でヨクイニンが配合されているからといって
いくら頑張って美容液を付けていても
浸透しないならヨクイニンの成分は肌へ何の効果も発揮しません。

 

 

肌表面で蒸発して終わりです。

 

 

様々なイボケア商品の中で
ヨクイニンの成分が水溶性と脂溶性の2つが
バランス良く配合されているかどうかは成分表を見てもわかりません。

 

 

ですから、すべての美容液がどういったバランスで配合されているかは
私たちでは判断できないんですよね。

 

 

見分けられないんじゃ、いちいちメーカーに問い合わせるのか?!

 

 

って思いますよね。
ですが、クリアポロンはちゃんとわかります。
公式サイトに「Wヨクイニン」って、非常にわかりやすく書いてあります。

 

 

まぁ、一見「WヨクイニンのWって何?!w」って思いますが
この【W】は水溶性と脂溶性のヨクイニンが配合されているという意味らしいです。
(公式サイトより)

 

 

ですから、他のイボケア商品のヨクイニンが
水溶性と脂溶性がバランスよく配合されているかは定かではありませんが
少なくともクリアポロンなら、確実にバランスよく配合されていることがわかります。

 

 

他の商品がクリアポロンよりもヨクイニンが贅沢に配合されていたとしても
ちゃんと浸透するか不明なのであれば
クリアポロンを選んでおくのが無難なのかなと思います。

 

 

ヨクイニンはイボの万能薬ではないんだよ

クリアポロン イボヨクイニンがもたらす効果とは
肌の免疫力を上げるを上げることでイボを改善に期待するもの
ヨクイニンはイボへ直接効くものではない。

 

クリアポロン イボヨクイニンの効果が期待できる化粧品とは
ヨクイニンが配合されている化粧品だとしても
水溶性と脂溶性がバランスよく含まれている必要があること

 

この2点を抑えておけば
イボケア商品を選ぶ際にヨクイニンが含まれている成分の中で
どれにしようか迷うことも少なくなるんじゃないかなと思います。

 

 

ちなみにイボケアは免疫力を上げてから
それを維持することも大切です。

 

 

つまり、免疫力を持続させるには肌の潤いが超重要です。
健康美肌の基本は肌の潤いですから。

 

 

そのあたりの話はコチラで詳しくしています。

 

美魔女必見のクリアポロンの効果

関連ページ

クリアポロンはアトピーや敏感肌でもOK?成分からみる効果とは?
クリアポロンはアトピー体質や敏感肌でも使えるのでしょうか?クリアポロンの成分を分析してみました。
クリアポロンに即効性はない!?イボは病院と自宅ケアどっちが良いの?
イボケアは病院治療がいいのかクリアポロンので自宅ケアがいいのか、目安になる情報をまとめました。
知らないで使うと危険|クリアポロンはニキビでも大丈夫?!
クリアポロンはイボのケア以外にニキビにも効くの?成分を知らないで使うのは危険です。
クリアポロンの浸透力は危険な界面活性剤っていうのはホント?
クリアポロンの浸透力について詳しく解説。浸透力の秘密はコチラ。
クリアポロンの成分を知らべた|ダーマヴェールって何?
クリアポロンに含まれる有効成分を調べました。副作用や効果を要チェック
イボのレーザー治療体験|クリアポロンでシミ予防が大切
脂漏性角化症を皮膚科でレーザー治療してきた体験談を書きました。治療後はアフターケアが大事!費用や注意点もチェック。
クリアポロンの効果的なお手入れとイボの改善方法
クリアポロンでイボの改善をするなら、クリアポロン+◯◯と◯◯がおすすめ!簡単にできるイボ改善方法をご紹介♪